電車、とまった。

17 11 2010

さて、旅も3日目。いよいよ帰郷の日です(早っ!)。

今日はゆっくり寝ようと朝は6時に起床。昨日より30分長く寝てました。旅に出たら寝てるのはもったいない!どっか行ってみたい!と思うので活動量は日常のそれと比べると3倍増しくらい。

まずは過去の日記にも登場したタケルの出身地周辺を目指します。

電車で30分くらいだったな。通学する学生にまぎれて到着したのは

隣の駅に食われてる感は否めないが、弘前!

ぶっちゃけ帰り間際に寄った感じ。平日ということもあり、周囲には高校生がたくさんいてみんな流暢な津軽弁を操って日常会話してるじゃないですか!なんか自分より年下のゆとりたちが方言使ってるってのが若干違和感。でも方言好き。

とりあえず訪れたのが

弘前城。他に行くところも思いつかないから、というわけではない。決して。ただ、時間的に行くところが限られていたんです。仕方ないよね。

カラス可愛い。

けがをしているのか、このカラス飛びませんでした。ずっと歩いてた。最初全然動かないもんだから本当に置物かと思った。動いて焦ったくらい。

天気は雨が降ったりやんだりな嫌な天気でしたが、弘前城ではぎりぎり雨に見舞われることなくうろつけました。

本丸は残ってないので、入口のこれだけ。春は桜で有名らしい。

全くの余談だが、僕が城を訪れるときは大抵天気が悪い。でも天気の悪い城って好きです。理由は秘密。

隣接している植物園は菊祭りの真っただ中みたいで、すごい綺麗でした。入らなかったけど。

この後急に雨が降ってきたため、弘前駅に向かう途中で喫茶店に入って雨をやり過ごす。ナイスなタイミングで青森のガイドブックが置いてあったのでちょっと拝読。とりあえず弘前城公園のあたりを見たらあとは良いか、って感じ。寒かったので美味しいラーメン屋さんを見つけて、地図をばっちりカメラに記録してからコーヒーをすする。

読書姿が素敵なマスター(女性にマスターって使っていいのかな)らしき人にお金を支払い、早速ラーメンを食べに出発。

時間は11時なのでちょっと早いけどまぁ良いだろう。

地図通りに行き、お店を発見。

お店の名前は忘れましたがめっちゃ美味かった。塩がお勧めとのことで、ネギ塩ラーメン。普段は醤油派なので塩には疎いのですが、さっぱりしてて美味しかったです。

食べ終えて温かくなったところで帰郷のため弘前駅へ。

ここから鈍行で秋田へ向かい、そこから特急いなほで新潟に帰るという完璧で天才的な予定を立てていた。しかし、

まさかの電車ストップ。

強風のため秋田~酒田間で運転見合わせ。そのためいなほもストップ。

この瞬間、秋田にもう1泊することが決定した。

まぁ良いかと軽~く受け止め、特急とかもろもろの乗車券を払い戻し、早速秋田駅へ繰り出した。

まずはガイドブックを見ようとコンビニへ。しかし秋田周辺はそれらしい観光スポットがないということが発覚。秋田といえば男鹿とか角館が観光名所らしいが、もう夜も近かったので諦めて近場をうろつくことに。

秋田駅は過去にしていたバイトで何回も来ているのですが、外に出たのは初めて。

とりあえず某お店のあるフォーラスへ突入。全くおしゃれ感のない1人旅スタイルで、完全に浮きまくりながらフォーラス内を散策し、某お店へ立ち寄る。

店員さんと話をしまくって気づけば1時間弱。

外に出たらもう真っ暗だったので、ご飯を食べに出かけました。

でましたタカシ。ここで一句!

秋田にも なぜかタカシは ついてきて 今のタカシは 今夜も一人

解説。タカシがついてきてるんじゃないの?ってくらいタカシに関するものを見つける。最近彼女と別れたらしいタカシは今夜も一人さみしく酒を飲むのかなぁ、だからと言ってわざわざ1人旅してるおれのところまでついてこなくてこなくていいよ、という思いが込められている。余談だが、僕とタカシはそんなに仲良くないです。

たかしで夕食を、と思ったんですが、ここでタカシの力を借りたら負けな気がする、と思ったので再び秋田駅に戻り、駅にあるラーメン屋さんで夕食を食べました。

昼はラーメン、夜はつけ麺。こ、この流れは!!ラーメンつけ麺僕イケメンか!!

いや、まて、僕イケメンじゃない。お世辞にもイケメンじゃない!この前小学生の女子4人に囲まれて、『きもーい』って言われたじゃないか!っくそーーー!!ぼくイケメンになりたい!せめて小学生からきもいって言われたくない!

ってゆうか改めて考えると小学生の女の子4人に囲まれてキモイって言葉攻めにされてる大学4年生ってどうなの?ねぇ、どうなの?

くっそー!つけ麺食ってやる!という気持ちでつけ麺を食べました。アンチイケメン。狩野エイコウは本当にイケメンじゃないかと思う今日この頃です。あ、つけ麺めっちゃも美味かった。

この日はお金がもったいないのでネットカフェに泊まりました。

北斗の拳を読み漁りました。けんしろうさまの筋肉すごい。服いっつもキレてる。

適当に寝たり起きたりを繰り返し、5時で退室時間になったので出発。

結局鈍行で新潟まで帰ることにしました。

その前にせっかくだからと思って千秋公園に行ってきました。

千秋公園の奥に位置する、なんか、城みたいななんか。良くわからんけど。

この辺からものすごい腹痛に襲われ、速攻で秋田駅へ帰還。

その後もろもろの用事を済ませ、酒田行の電車に乗った。

 

 

 

 

ということで、無事に一人旅終了!

楽しかったです。

まさか函館までいくとは自分でも思ってなく、とにかく函館と恐山が何より楽しくて最高でした。

フィルムを現像するのが楽しみで楽しみでしょうがない。

 

 

 

原点回帰できたかどうかと言われれば微妙なんですが、それでもここまで何も気にせずフィルムでガシャガシャ撮れたことは少しは意味があったと思う。

デジタルって結果がすぐに見れるたりミスっても消せるし編集でいろいろ出来る、いわば完成した写真を撮れるけど、取ってすぐ完成をみるとどうしてもそれで満足しちゃう。撮っても完成がわからないってのはデジタルに大きく劣るフィルムの欠点だけど、その分予想外の写りだったり、焼いてみたら予期しない味がでたり、とにかくデジタルと違って『完成』に答えがないのが長所なんじゃないかと思っています。

フィルムは化学反応だからね。温度、薬品の疲労度、電球の光、絞り、印画紙、そういったものがいい感じに反応しながら溶け合って、混ざり合って1枚の写真になると考えると面白い。早く現像したいです。

 

 

 

朝早く秋田を出発して、途中の駅で車両にほとんど人がいなくなった。

海が見えた。

 

 

2010秋-北日本一人旅-

 

 

終わり。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。