どちらかが彼女を殺した

1 06 2009

結構前に遡るが、ダーサダから東野圭吾氏の『どちらかが彼女を殺した』を借りて読んだ。

最後まで犯人を証さず、読者が真相を見付出さなければならないハイレベルサスペンス、つまり考えるの嫌いな俺を黙らせるにはうってつけの作品。

風邪で意識がもうろうとするなか読んだ。よって、 うろ覚え だ。ごめん。あ、でも話の流れとかトリックとかは一応頭に入っている。

勘だったけど犯人も当たったことだしね、うん。

つーか、

加賀ー!

京一郎ー!

なにあいつ?どんだけ素敵なんですか。マジ萌えるし。アニメ化とかしたら絶対ターゲットにされるタイプだって。

東野氏の作品はまだ3作しか読んでないんですが、加賀さんが出てきたのはこれがはじめてかも。(だったよな、確か)

 他で加賀さんの活躍シーンが出てくる作品読みたい今日この頃である。

どちらかが彼女を殺したは最初は緩やかな展開だったけど、途中から一転して疾走感のあるスリルが感じられる展開へ、その中に加賀との対決シーンを挟んできてて、そのリズムがすっごく心地良かったと思う。まったく飽きずに読めた。

ただ、妹さん可愛そうだったね。まぁサスペンスだからしょうがないけど。

あー、楽しかった。

ちなみに今は松本清重の『黒革の手帳とか』読んでる。

あれもすごいね。名作って言われるだけはあるねー。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。